クッキング婚活パーティー当日、会場があるマンションに到着

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

当日、実際に足を運んでみると、驚くほどに豪華なマンションの最上階で、その上目の前は海が広がっていました。

屋上にはプールまである豪華さに、さすが!とそれだけで感激でした。

でも、一応普通のマンションなので、キッチンも家庭用サイズで、全員でキッチンに立ち、一斉に料理をするにはちょっと狭い印象でした。

マンションの入り口で、係の人が簡単な身分証確認と受付、当日の流れを説明してくださり、料理に使う食材、調理器具も全て揃っていて、全員が揃った時点で、調理開始でした。

調理が始まる頃には、担当者は席をはずしていて、自分達で時間内に調理と食事、片付けを済ませてくださいという事でした。

お見合いという程堅苦しい雰囲気ではないものの、開催時間中は係の人が同席してくれていると思っていたので、「では、また終了時間に参ります」と言われた時には驚きました。

大人同士だし、火事や怪我の心配はないとはいえ、出来れば運営側の人が居てくれた方がスムーズに進むのにと思いました。

少人数とはいえ、初対面同士なので、いきなり料理を始めるのも不自然で、まずはお互いに自己紹介をしました。

明るく仕切ってくれる男性が居たので、それぞれの自己紹介と合わせて、簡単に料理について話しをしました。これから作るメニュー、用意されている食材、調理器具などなどです。

その場で、簡単に分担を決め、料理が得意な人を中心に段取りを決め、まるで出来なくて皿洗い担当を引き受けてくれる人と別れて、和やかな雰囲気で進みました。

手荷物をおき、エプロンを付け、まずは全員で料理を始めました。
メニューは簡単に出来るもので、多少の料理経験があれば、迷わず出来る内容。

それに、エクシオからも調理手順が用意されていたのでスムーズでした。

ただ、キッチンが狭いので、交代でキッチンに立ち料理をします。

料理担当以外の人は、自由に雑談をしていてベランダから海を眺めたり、自由時間でした。

料理自体は、全員で交代で作っても1時間程で全て終り、食事をし、片付けをして3時間程で終わりました。

終了時間に合わせてエクシオの担当者が再度来てくれて、解散という流れです。

3時間っていうと、ランチを一緒に食べるくらいのスケジュール感です。普通の婚活パーティーよりちょっと長い分お得な気持ちでした(笑)

これまでの婚活パーティーは、プロフィールカードを記入したり、カップル成立があったりという定番の流れがあったのですが、今回の料理婚活にはその手順がなく、基本的にはお互いの雑談の中で・・・という事でした。

確かに、料理をしている中でお互いの性格がわかったり、趣味や仕事についての話題もあったのですが、あくまでもコンパや紹介ではなく「婚活」として真剣に参加している以上は、出来ればプロフィールカードと同じ位の情報があっても良かったのかなと思いました。

雰囲気がいい分、職業についても「会社員」と言われればそれ以上細かく踏み込んで聞きにくいし、プロフィールカードに書かれている「年収」についても当然、全員の前で公表も出来ないからです。

住んでいる地域くらいは自己紹介で伝えますが、実家かどうか、家族構成、親との同居などの情報はないままです。

クッキングパーティーは、「婚活パーティー」というよりも、どちらかというと「友人の紹介」「同僚主催のホームパーティー」のような感じです。
婚活臭くない感じが好きで、自然な感じで出会いたいという方には、オススメでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です