PARTY☆PARTYの個室型婚活パーティー体験談~婚活パーティーで面接される!?~

PARTY☆PARTYのいいなアピールカード

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

これまで、お腹ぽっちゃりおじさん、お店のお客さんみたいなおじさん、結婚願望出るの遅すぎおじさん、ややコミュ障の小さいおじさんと、初春のおじさん祭りにすっかり疲弊状態の私。

次に現れた男性は、5番の37歳。IT関係の営業をしているという男性。

今回のパーティーの男性最年少かつ、身長178㎝のスレンダー体型。
スーツ姿も決まっていて何より顔がイケメン!
そして最年少なのに年収はメンバーの中で一番上でした。

一瞬テンション上がりましたが、婚活パーティーに現れるイケメンの大半はワケアリ・・・と諸先輩たちから聞いていたので、若干の警戒。
そして、その警戒は正解でした。

なぜなら、彼が着席した瞬間から私の一瞬上がったテンションはどんどんと下がっていきました。
挨拶もそこそこに着席した彼は、深くソファーに腰掛け足を組み、まるで不採用が確定している中途採用者の面接を嫌々担当している人事の方のように片手で持ったプロフィールシートをのぞき込みました。

男性:「名前は〇〇さんね」
私:「はい」
男性:「仕事、一般事務ってなってるけど職務内容は?」
私:「メーカーの内勤事務全般ですけど・・・」
男性:「仕事は土日休み?」
私:「日曜は定休ですが、他はシフト制なんで土曜が休みとは限らないです・・・」
男性:「(相槌も打たず)仕事終わりは何時?」
私:「早ければ18時、遅いときは20時ぐらいです」
男性:「仕事始まる時間は?」
私:「は、8時50分ですけど・・・・」
男性:「ふーん・・・・」

えっ?ナニコレ。

私面接されてる?

って錯覚するほどに、事務的な対応。
おそらく、この「仕事の中身」「仕事の休み」「仕事の始まり時間と終わり時間」の三つは、彼の中の採用基準として欠かせないものなのでしょう。

でも、これじゃあまるで高校時代にコンビニの面接を友達と受けにいったときとさしてかわらない。
つまり、彼の中では探している女性は「自分に都合の良い相手」なのだろうなと思った瞬間から残念ながら彼も対象外に。

この事務的な質問ののち、海外旅行が好きな話と束縛してくる女性が苦手っていう話を一方的に始めて、同調してほしそうだったのでとりあえず同調相槌をし、こちらが話を膨らまそうと何か話そうとするとその間を与えず次の話を始める・・・・まさに「自分語り男」

一つ前の小さいおじさんもなかなかの苦痛でしたが、この男性もかなりきつかったです。
こうして苦難の8分間は無事終了。

いいなアピールカード」の記入の時間

男性たちは全員、運営スタッフに誘導されて元の控室に戻っていきました。
男性たちが去ったのち、「いいなアピールカード」の記入。
カードは三枚あり、最大3人の男性に提出できるようになっていました。

PARTY☆PARTYのいいなアピールカード

かけるのは相手の番号とメッセージ一言だけ。
他社と違い連絡先の記載等は禁止と、アナウンスで念を押されました。
こんな状況でもちろん「いいな」という人はおらず、白紙で提出をしました。

その後、男性側から回収された「いいなアピールカード」が女性側に配布されました。
当たり前ですが私はゼロ枚。

続きを見る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です